内装リフォームの必要性

2021/01/22 コラム

日々生活していると、壁紙の汚れや、水回り設備の故障など家の老朽化や機能性は徐々に低下していくもの。
よりよく生活するためには、内装リフォームが必須です。
内装リフォームの必要性について解説していきます。
▼内装リフォームの必要性
内装をリフォームすることで得られるメリットやデメリットをまとめてみました。
■内装リフォームのメリット
・気分転換になる
・満足度が高い
・理想の家に近づける
■内装リフォームのデメリット
・施工範囲によってある程度の期間が必要
・リフォーム内容により、匂いなどが気になる場合がある
▼内装リフォームのタイミングの目安と相場
新築購入から、内装リフォームのタイミングや目安をまとめてみました。
■床・・・・約10年~
床の材質によって価格や耐久年数に開きがあります。
クッションフロアは比較的安価でリフォームできますが、合板・無垢のフローリングの場合、費用相場も高くなります。
費用の相場→10万円~(防音仕様なし・6畳)
■壁紙の張替・・・・約10年
喫煙の有無によって壁紙の耐久年数は違います。喫煙される方がいる場合、煙による黄ばみが出やすく匂いもあるため住みよくするためにも早めの張替がおすすめです。
また、量販品の壁紙・海外の輸入壁紙などの種類によって金額に少々差があります。
費用の相場→1㎡あたり800~1,500円
■壁の塗装・・・約5年
壁の塗装は、壁紙の張替よりも高い傾向にありますが、塗装箇所に最適なものを選ぶことで耐久性が高まり結果的にコスパが良くなります。
費用の相場→50㎡(トイレなど):10万~、100㎡(リビングや廊下など):8~12万
■畳・・・・約3~5年(新調は10年)
畳は、3~5年経過で裏返し、約10年で新調するのが一般的です。
費用の相場→1畳あたり1万~

弊社ではお客様に合わせて最適なプランニングをご提案させていただいております。
いつでもお気軽にご相談ください。