自分でできるクロスの張り替えの方法

2021/02/08 コラム

壁紙やクロスの張り替えは自分でするのは難しいと思っていませんか?
しかし最近では、簡単に自分で壁紙やクロスの張り替えなどができます。
今回は自分でできるクロスの張り替えの方法をご紹介します。
▼自分でできるクロス張り替えの方法

■用意するもの
・カッター
・はさみ
・メジャー、定規
・刷毛
・ヘラ
・ローラー
・スポンジや雑巾
・新聞紙やシート

■外せるものは外しておく
コンセントやスイッチ等のプレートは外す

■既存の壁紙をはがす
カッターやヘラなどを使い剥がします。
最初に壁紙のつなぎ目を水吹きをかけながら剥がしていきます。

■剥がし終わったら綺麗に掃除をする
壁紙をはがした後は、壁紙のあとを綺麗に剥がしましょう。
スポンジやヘラ、中性洗剤などを使って優しく掃除をします。

■壁紙を張りつける
既存の壁紙を剥がし掃除をしたら、乾燥させましょう。
天井や角の部分はずれないように固定をしましょう。
1列張りつけたら。空気をだすように壁紙をおさえます。
おさえたらドライヤーで乾かして次に進みます。
最後の列の部分は、あらかじめ余白に合わせてカットしておきましょう。

▼クロス張り替えの素材選びのポイント

■のり付き壁紙
のり付きタイプの壁紙は、初心者でも取り扱いやすいです。
既存の壁紙の上から張りつけて、剥がせるものもあります。

■ビニール素材
壁紙の素材は、紙や布、ビニールなどがありますが、この中でも多く使われているのがビニールの壁紙です。
ビニールの壁紙は、汚れがつきにくいです。汚れがついても洗剤で簡単に落とすことができます。
価格は紙より少し高めですが、長期的に使うならおススメです。

▼まとめ
これらのポイントをおさえてクロス張り替えを行ってみてください。
もしもクロス張り替えでお困りやご相談があれば一度お問い合わせください。