店舗リフォームの注意点

2021/04/01 コラム

店舗のリフォームを検討していませんか?

内装や外装のリフォームは、店舗の雰囲気をガラっと変えることができますよね。

実際に、リフォーム、リノベーションを施したことで新たな顧客獲得につながったという店舗もあります。

しかし、店舗リフォームには気をつけなければならない注意点があります。

今回は、店舗リフォームの注意点について紹介していきたいと思います。

▼店舗リフォームの注意点とは?

■高額になりやすい

店舗のリフォームは水回りや厨房、空調などの設備が必要になりますよね。

設置する設備が業務用であること、取り付け費用に人件費がかかることなどからどうしても費用が高額になってしまいます。

■店舗リフォームはローンが組めない

絶対とは言い切れませんが、店舗リフォームは一般的にローンが組めません。

そのため、支払いには現金が必要となります。

■店舗リフォームに助成金・補助金が適応できる場合がある

先ほど説明しましたが、店舗リフォームにはローンが組めないことがほとんどです。

そのため、適用できる助成金や補助金についてしっかり確認しておくことが大切です。

・受動喫煙防止対策助成金

・小規模事業者持続化補助金

・軽減税率対策補助金

・自治体が独自に行っている補助金

上記の助成金、補助金は、必ずしも支給されるものではありません。

応募条件を満たした上に、申請書の提出が必要となります。

国だけでなく各自治体が独自で行っている助成金もあるので確認してみてください。

▼まとめ

店舗のリフォームは高額になりやすいのですが、国や自治体からの助成金、補助金が受けられる場合があります。

応募条件を満たしているかどうか踏まえた上でリフォームすることをおすすめいたします。

弊社でも、店舗内装リノベーション工事を行っておりますのでお気軽にご相談くださいませ。