マンションの修繕工事とは?大規模修繕との違い

2021/04/15 コラム
マンションは古くなると修繕工事が必要になってきます。それとは別に、大規模修繕というものも行っています。

修繕工事と大規模修繕はどう違うのでしょうか。

今回は、マンションの修繕工事についてお伝えします。

▼マンションには定期的な修繕工事が必要

マンションは、売却する住居スペース以外に共用スペースがあります。住居スペースは各自が管理しますが、共用スペース部分もメンテナンスが必要です。

そこで、マンションオーナーは十数年に一度大規模修繕を行うのが一般的です。

▼マンションの修繕工事と大規模修繕の違い

■修繕工事

修繕工事は、不意に必要となる個別の箇所を修繕する為の工事の事です。大規模修繕のサイクルを待たずして、床や壁や天井等が修繕せざるを得ない程劣化してしまった時に行います。

■大規模修繕

十数年に一度行う大規模な修繕工事で、目に見えない部分も含めメンテナンスの意味も込めて行います。

定期的に行う事で、防ぐ事が出来ない経年劣化のダメージを最小限に抑えます。

▼まとめ

今回は、マンションの修繕工事についてお伝えしました。

十数年ごとに行う定期的な修繕工事を大規模修繕と呼び、不意に必要になった修繕を目的とした工事を修繕工事と呼ぶのが一般的です。

修繕を怠ると、致命的なダメージに気付かないというような事態を引き起こす可能性があるので、マンションの修繕を検討されている際には加藤建装にお気軽にご相談下さい。